ブログトップ

Marianaさんは、大忙し!

mariano49.exblog.jp

安楽病棟

帚木蓬生の分厚い文庫を買ってみた。
ぱらぱらやってたら、何やら身近な問題に感じたのも手伝って。

雨の那須で、もっぱら退屈しのぎに読んで、雑音から逃げていた。
文庫で600ページ余り。
けっこうかったるい感じがするこの厚さを、読み飛ばせるのは
東野以来だった。

某看護婦(当時)の痴呆病棟勤務録の雰囲気で書き、
ところどころに、いわゆる「命果てるとき」はいかなるべきか?
という人類最大の問題がちりばめられている。

事情があって、母を施設にお願いしていることもあって、
看護記録風の部分も、細かく書かれていて、日ごろの介護が
どのように行われているのか?に惹きつけられて読みふけった。

それぞれの痴呆や、体の問題は、踏み込んでみると、それには理由が
あったり、十羽一からげでは介護しきれない人の人生が下敷きに
なって、介護者の努力には頭が下がる。

ラストに向かって、あれ?れれれれれれれ?
という感じで、この本は、ミステリーになっていく。
え?看護の小説じゃないの?
とビックリ。

結局は、最大の問題を、薬で解決する医師の問題点が浮き彫りに
された。

人生の、結びの時期に向かい、私にも考えるところがある一冊と
なった。
さて、私はどうしようか?
意識もなく、眠るだけになったら、生の意味はないと思う。
延命は希望せず、自然に召されたいと思う。

やはり、尊厳死協会に登録が必要かな?
なしでも、希望をハッキリさせたらいいのだろうか?
どこへ書く?

う~~ん、難しい問題にのめりこんで、夢見が悪く、闘病の夢で
はっと目覚めたのが6時。

ほよ~~~~っと、ベッドで休憩が必要な日でありました。
お休みなさい
[PR]
by penelope1127 | 2009-03-24 23:42 | Agenda
<< 横浜駅西口の問題点! 横浜へ~~~~~さむさむ >>